心得ておきたい!税理士に相続税の相談する前の備え


相続人となる家族の構成について整理

家族や親戚の誰かが亡くなり相続が発生した場合には、資産を引き継ぐと共に相続税の納税手続きを進めなければなりません。相続税申告のための書類作成や手続きは複雑な部分も多いため、税理士に依頼すると簡単でしょう。税理士に依頼する前に、まずは誰が相続人となるのかを明らかにすることが先決です。家族構成によって相続する資産の額や納めることになる税金に違いが生じます。事前に情報を整理して、メモに取っておくと税理士に情報を伝えやすいですね。

被相続人の保有していた財産を確認

相続税の申請について税理士に相談する準備として、被相続人が保有していた資産についてあらかじめ情報を整理する必要があります。被相続人の所有する不動産や金融商品、銀行預金などの財産は、相続人に分配されそれらに相続税が課税される事になるでしょう。まずは財産の全体像を把握するために、相続に関連する財産を全て明らかにします。うっかり見逃している財産があると申請のやり直しという事にもなりかねないため、注意しなければなりません。

相続税の申告前に相続人同士の話し合いが必要

財産相続では相続人同士で争いが生じるケースは珍しくありません。もし相続についてトラブルがあると、相続税の申請にも支障が起こります。税理士に税の申請を行うにあたり、相続人の間で話し合って問題はあらかじめ解決しておいた方がいいでしょう。相続について特に争いが無ければ、スムーズに税の申告手続きが進められます。一方で意見に食い違いがあり決着がつかない場合には、問題解決のため早めに税理士やあるいは弁護士など専門家に相談した方が無難ですね。

相続の申告を税理士に依頼するメリットとして、申告漏れなどのリスクに備えられることや、税務上のアドバイスを受けることで何時でも安心して行動できます。