高校中退後の進路には手に職を付ける道と大学入学がある


造園業は学歴とはあまり関係がない職業

造園業は大卒や高卒などの学歴はあまり関係がない、手に職をつけるタイプの職業です。なので、早い人では中卒の段階で勤め始める人がいるかもしれないですね。ただ、会社の社長にあたる親方の言うことは厳守なので、その指示通りに動きましょう。また、年齢が18歳になった時には自動車免許を取得するといいです。造園業は軽トラックやクレーンがついたトラックを日常的に使うため、免許があると親方に喜ばれます。地面に穴を掘ったりする体力的にきつい仕事なので、無理をしないで働いて下さいね。

家が何かの事業をしていたときはその手伝いをしよう

家が何かの事業をしている時は、その手伝いをするのも一つの手です。例えば家が電気関連の仕事をしている場合は、手伝いながら手に職をつけることもできるのが魅力ですね。その時に学んだことは、きっと将来に役立つので身体に覚えさせるつもりで仕事をするといいです。また、見込みがあると判断されたら、訓練学校へ通わせてもらえるかもしれないですよ。将来は家の事業を引き継げるかもしれないので、頑張って働いてみましょうね。

1年に2回行われている試験を合格できれば大学も可能

1年に2回行われている、高等学校卒業程度認定試験に合格すれば大学へ入学も可能です。しかも、高校中退した時点での単位も認めてもらえることがあるのが魅力ですね。そのおかげで、高校中退してすぐに試験を突破できた人も受験者の中にはいるみたいです。それに、試験勉強ができる専門学校もあるので、必要と感じたら入学してみるのもいいかもしれません。ただ、大学に入学したいと考えた時は、それなりの努力をしないといけないので勉強をしてくださいね。

高校中退とは、高等学校に1度入学した学生が、卒業までの期間に在籍している学校を辞めることを指します。