信用取引は不安?少ない資産で大きく増やすチャンス


資産以上の投資をすることができる

100万円分の株式を購入するには、当然ですが100万円が必要になります。でも投資の方法によっては、100万円以下でも100万円分の投資ができる場合があります。それが信用取引です。いくつかの方法がありますが、株式の場合であれば、自分が保有する株式を担保にして、一定の取引を行うことができます。約3倍の取引ができる場合があり、100万円分しか持っていないのに300万分の株を保有しているのと同じ利益を得ることができます。

相場が下落しているときに利益を得る

株式相場では、価格が安い時に買って、高くなったら売ることによりその差額が利益となります。利益を上げようとすると、相場が上っているときのみしかチャンスがありません。信用取引の場合、下落時にも利益を上げることができます。通常は買いから取引を始めますが、売りからも始められます。下落すると予想するとき、先に売っておきます。そして下落をしたときに、それを買い戻します。つまり、安く買って高く売るを成立させることができます。

利益も大きいが損失も大きい

100万円のものが101万円位なれば1万円の利益が得られます。1年間で得られたなら、1パーセントの利回りとなります。信用取引の場合、100万円分で3倍の取引ができる場合があります。先のパターンだと100万円で3万円の利益が得られるので利回りも3倍の3パーセントになります。大きな利益が出るのでメリットも多そうです。しかし損の出方も同じです。損が出た時は3倍になってしまいます。そのことを知って取引をすれば、うまく資産を増やせるかもしれません。

信用取引とは、株取引で証券会社にお金を借りる形で自己資金以上の取引を可能とする取引形態のことです。多額の利益を出せる可能性がある反面、損失が大きくなる可能性もあります。